記事一覧
求人一覧

「薬剤師の年収・給料ラボ」の記事



薬剤師と年収とやりがい


薬剤師とは、その名前の通り、薬のプロフェッショナルとして、医師が処方した患者さんのための薬を調剤したり、正しい薬の服用の方法をアドバイスしたりする仕事です。

薬は人体にとっては異物であり、リスクを背負っています。

つまり誤って調剤する、あるいは別の患者さんに全然異なる薬を出してしまうなどのことが発生してしまうと、最悪の場合、患者さんが亡くなってしまうこともあります。

だから、その仕事としての責任は非常に大きいものであり、また、そのやりがいも他の仕事よりも大きいと言えます。

では、薬剤師になるにはどうすればいいかと言うと、まずは大学に進学する必要があります。

大学ならばどこでもいいと言うわけではなく、薬学部という薬を専門に学ぶ学科に進学して、薬についていちからみっちりと勉強します。

そのために、通常ですと大学は四年生で卒業となりますがら薬学部に関しては六年生まで学ぶ必要があります。

これは医学部も同じとなっています。

薬剤師の時給が高い理由


求人情報を見ていると、時に破格の時給の求人を見かけることがあります。

一般のパートやアルバイトに比べると二倍近くになることさえあるその求人の多くは、薬剤師 募集というものです。

薬剤師の時給はどうしてこんなにも高額なのでしょうか。

薬剤師というのは、国家資格を持った人たちです。

医療を行う医師と同様に、薬剤師も独占業務を持つ国家資格です。

独占業務とは、資格を持っていなければその業務を行うことができない業務のことです。

つまり、薬剤師でなければ、薬の調剤は許されません。

医薬品を取り扱う場では、必ず必要とされる特別な存在なのです。

資格を得るのは簡単ではありません。必ず大学で薬学の正規課程を習得しなければなりません。

期間は医者と同じく6年間。国家試験の受験者の八割が合格すると言われていますが、受験資格を得るにはまず、関連する大学に合格しなければなりません。

薬剤師国家試験について


最近、注目されている資格として、薬剤師があります。

法律が改正され、薬学部が6年制になってニュースが流れるとともに、ちょうど狭間の今の学生の就職の引き合いがかなり多くなってきているということも、合わせて報じられています。

この薬剤師の試験というものはどのようなものか、まとめてみました。

薬剤師の国家試験は、必要な知識や技能があるのかどうかを確認するものになっており、年1回行われています。これも昔は年2回だったのですが、1988年から、1階になりました。

実施時期は3月上旬で、合格発表は3月中になっています。

以前は4月だったのですが、就職するタイミングと会うために、この資格試験の合格発表を前倒しされることになりました。





-薬剤師の年収・給料ラボ-

今後の薬剤師の求人について

2013-11-30 17:38

今後、薬剤師は増加していく傾向にある。というのも、薬学の修了課程が4年制から6年制に移行したためだ。一時的に薬剤師が不足するが、その後は増加するだろうと見込まれている。今まで、薬剤師は安定した職業だと言われてきたが、今後に関しては少々難しいかもしれない。

もちろん専門職なので、豊富な薬剤師求人を背景に、その強みがなくなることはないが、薬剤師資格を保有する人材が増えるという事は就職率も厳しくなるという事に変わりない。一般的な企業では、新卒や第2新卒などの若手を欲する。それは、将来性があるということ、教育しやすいということ、長く勤務してもらえるというような様々な理由がある。薬剤師で働く人の割合は20代が最も多く、30代を飛ばして40代でまた増える。

女性が多い薬剤師の世界は30代で結婚、出産、育児などで一時リタイヤした人が40代で復帰するのが理由だ。ただ、若い人材を必要とされるという事は、ある程度の経験者の方が転職する際に厳しいという現状がある。

※[参考にしたサイト]
ファーマシストスクエア
http://www.pharmacist-square.jp/
薬剤師転職の求人検索へ

「今後の薬剤師の求人について」の続きを読む